忍者ブログ
ハナポンがお伝えしますw
Admin / Write / Res
<< 08   2018/09   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     10 >>
[9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


頭部のレントゲンでかんたんに診断できるし、水頭症かどうかは高価なCTやMRI検査をしなくても、エコーでわかりますよ。
先生の話を聞いたとき、真っ先に頭に浮かんだのが “水頭症”で、先生にその疑いはないか聞いてみたのですが

でも、この後2週間ほどは脳血管攣縮や水頭症の後遺症の危険がありますので まだまだ気は抜けません。。。 でも、それさえ乗り越えてくれればリバビリ次第で社会復帰もありえそうな、そんな感じでした。

おそらく、数日前に始まった初ヒートが発端となり、水頭症が発症し、 門脈シャントも併発しているのではないかという診断でした。 でも、シャントと水頭症の治療を受けましたが、あまり回復がなく、 4日間入院して退院

多くの場合、身体や精神の発達遅滞、骨の変形、水頭症なども伴う。 重症の場合は成人前に死亡する。 今のところ有効な治療法が無いので、骨髄移植や 遺伝子治療の臨床成果が待たれる病気の1つである。

CLで、ビビってますけど、もっとよくあるものに水頭症なるものがあります。 これは、放送では軽くフリップでも紹介してもらったんです。 隠れ水頭症というのもあって、それはそれで怖いです。 私も昔は大学病院での勤務でしたので 死語の解剖をする

3歳にして「水頭症」だ。母親は2回妊娠したが、上の子どもは死産だった。そしてこの子は生まれながらの「水頭症」。「劣化ウラン弾によるものとみて間違いないと思う」とは、PUKの女性スタッフ。 「俺の子どもの頭を見てくれ」と2人の兄弟を連れ

PR
リンク
Copyright ©  ハナポンのブログ All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]